読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

日々の出来事を起業と神秘世界にまつわる事をテーマとしてブログに残します。

石田久二さんのイベント

「水ブロ引き寄せランキング1位ミラクルトークライブ」に行ってきました。

夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?の著者、石田久二さんのトークイベント?です。

 

 この本は、今年会社を辞めてから沖縄を旅したときに持参して読んだ本です。そのとき、たまたま立ち寄った久高島の宿泊施設に自分の読んでいるのと同じ本が著者のサイン入りで置いてあったのでちょっとびっくりしました。

 びっくりしたのは理由があるのです。実はその旅で久高島には二度立ち寄ったのですが、1度目に同じ本を宿で見つけたときは、単なる偶然と思っていました。そしてそのときは著者のサイン本とは気がつきませんでした。

 2度目に久高島の同じ宿初施設に泊まったときは、自分が持ったいた石井さんの本は、あらかたの読んで他の荷物と一緒に送り返していました。

 それで、別の本で「こうして思考は現実になる」という訳本を読んでいたのです。その中に、なんでも願いを叶えてくれる宇宙のエネルギー法則があることを知らしめるため、48時間以内に偶然とは思えないような贈り物をもらう(または出来事が起こる)という実験があって。それをやっていたのです。

 そのさなか、宿泊施設にあった夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?を部屋に持って帰り、あらためて精読しました。なかなか良いことが書いてある、この本に書いてある「秘伝」もやってみようと思って始めたときに最後のページに行き着いて、著者のサインとメッセージを見つけました。

 そのときは驚きました。これは、もしかすると48時間内に来るギフトなのではないかと思ったから。

 ちょっと二つの本が絡み合っていて判りにくい話ですが、、、とにかくこの本は仕事やめて、起業をしようとしていた当時の僕には、すごく因縁のあるものに思えたのです。

 

 今日はその著者のライブトークに行ったわけです。石田さんは、このブログで何日か前にふれた加賀田晃さんの影響を受けておられているそうです。イベントでは、石田さんは強烈な個性を発散していましたが、加賀田流営業スタイルに近しいのだろうと思いました。

 また、今日のトークで彼は、成功するために必要な自尊心を高める方法について、マイダスシステムという本に書かれている三点について説明します:

  • 人間関係を切ること
  • 人をほめる
  • 自分を甘えさせること

「人間関係を切る」は自尊心を高くするためには、付き合わない方がいい人がおり、自分の段階が上がれば人間関係も変わるというような事でした。

 

この「マイダスシステム」という本が気になります。日本語訳の本は絶版でアマゾンで古本が4万8千円もします。でもオリジナルの英語版キンドルで292円でしたので、早速購入しました。英語ですが、がんばって読んでみます。

www.amazon.co.jp

 

↑ アマゾンのプライム会員は無料だって!

 

それから、このイベントのもう一人の登壇者だった中華まん?で起業したアトムさんの勧めるのは水垢離です。水垢離は、お風呂の時にシャワーで冷水を浴びるくらいで良いそうです。自分は昔から習慣的に風呂に入ったときにやっていました。最近はやっていなかったのですが、1週間ほど前から再開していました。今朝もやりましたよ。そんなことで、ちょっとシンクロ感がありました。