読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

日々の出来事を起業と神秘世界にまつわる事をテーマとしてブログに残します。

クリスマスイブの水行と、、、起業

最近、毎日、水を浴びています。でも、水行なんて呼べるレベルではなくて、お風呂の時の水浴びです。温かい湯船につかってからシャワーで冷水を浴びます。それを3回から5回繰り返す。

その際に斉藤一人さんの最強の「言霊」を唱えるので、かなりスピリチュアル系の行為になっちゃてますが。やっぱりこの季節、真水は冷たいので、何か唱えながらやったほうが我慢も効きます。

それが起業と関係あるかというと直接的には関係していない。水行をすると気分がよくなる。きっとセロトニンがいっぱい出ているような、、、気がする。そのあとウォーキングをすると更に気分が高揚するように思います。

実際、朝、日光を浴びながらウォーキングをするとセロトニンが沢山出るそうです。それで、朝、入浴、水浴びをして、歩いて会社に行きます。たまたま今の勤め先が近いから。20分くらいで着きます。セロトニンを出すには20分以上歩くそうですが。

今日はクリスマスイブですが、今朝もそうしたよ。これから床につく前も水浴びします。毎日続けることが大事、、、目標達成、自己啓発関係のどのメゾッドもだいたい毎日やることを勧めていますね。それは真実だと思います。自分を変える、何かを成し遂げるには一定のリズムで繰り返すことが重要な要素と考えます。

だから、クリスマスイブでも関係なく行います。自分はクリスチャンではないのでクリスマスを持ち出す必然性もないけどね。まあ、この国では、クリスマスは宗教に関わりなく、ある種、大事なイベントになっていますね。もちろん、商業的にも一部の産業にはたいへん重要みたい。

 

水にまつわる事

そういえば、キリスト教でもバプタイズ(洗礼)は、水に浸かることだったそうですね。アメリカのアラバマ州にいたときバプティスト教会というのあって、そこで洗礼の儀式を見たことがあります。

f:id:ichigo2015:20151224231516j:plain

↑ Googleで検索したら出てきました。

 

滝行は仏教、特に密教系のイメージですね。あとは修験道でも滝行、水行をやってそうです。九字斬ったり、真言唱えるのがかっこいい。

 

僕は神社が好きなので、神道系で川面凡児の禊ぎに興味があります。

 

f:id:ichigo2015:20151224232042j:plain

川面凡児先生 明治から昭和初期に活躍した神道

川面凡児 - Wikipedia

 

格闘家、柔術家のヒクソン・グレーシーも、自分は水人間だと言ってました。日本に試合で来たときに、試合前のトレーニングに河の激流に入って、冷たい水から出てきたときに「新しい腕になった!」っと叫んでいました。

 

とりとめもなく書きましたが、そんなことで、水にはパワーがあるようです。パワーのあるものは取り入れるといいでしょうね。自己啓発、起業そしてビジネスでも。

水浴びはある種、魂のコンディショニングと位置づけています。