読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

日々の出来事を起業と神秘世界にまつわる事をテーマとしてブログに残します。

つくば出張でかつての業務に思いをはせる

今日は、筑波へ仕事で行った。これまでの仕事の上で筑波は縁深い土地だ。
 
今でこそ、つくばエクスプレス(TX)が通って、都心からのアクセスが飛躍的に良くなったが、以前は行くだけで大変だった。
f:id:ichigo2015:20160119175259j:image
   上の写真はつくばエキスポセンター。つくば博以来営業しているみたい。
TXだと、始発駅の秋葉原から終点のつくばまで50分とかからない。
 
以前は一日仕事だった筑波出張の思い出
以前の会社に勤務していたころ、つくばエクスプレスが出来るまでは、東京駅からつくばセンターまでの高速バスを使った。
 
更にその前の会社の頃は、これはもう随分と昔のことだけど、交通機関を利用する場合は、JRで荒川沖まで行って、そこから路線バスかタクシーを使うしかなかった。これは難儀だった。
 
そのため、筑波に行く時は社用車を使うようになった。当時の会社は、そのために(?)最初の社用車としてトヨタのカリブを購入した。

f:id:ichigo2015:20160119233925j:plain

その頃はバイオ系の研究開発ラッシュで筑波にたくさんの研究所が新設された。そこにビジネスチャンスを見出したのだ。

 

勤めた会社は、小さな会社だったので、当時、営業の運転手は僕しかいなかった。車種も社長が僕に選ばせてくれたと記憶している。

 

日本橋人形町にオフィスがあったけど、車の購入費に駐車場の経費も掛かる。今にして思えば社長も投資してくれたのだなと思う。数えてみると、その時の社長は今の自分よりいくつか若かったのだ。

 
新車の社用車で2回連続の交通事故を起こす
思い出すと、この会社の車、営業車カリブでいろいろな事があった。なかでも、初期に交通事故が2回あった。幸い軽いものでしたがね。
 
一つ目は、都内の狭い路地を走っていて急に飛び出し来た自転車のお姉さんとぶつかった。はねた訳ではなく、ぎりぎり止まるかどうかの所で接触。お姉さんは自転車に乗ったままで倒れることはなかった。

f:id:ichigo2015:20160120012316j:plain

当時、自分はまだ二十歳代だった。初めての対人間の事故で焦った。相手のお姉さんは、先を急ぐのいいですと言うがとにかく交番に引っ張って行った。しかし、交番は、巡回中で誰もいない。
 
それで近くの病院に連れて行って一応診てもらったが、結局なんでもなく指に絆創膏を貼っただけで済んだ。
 
でも、自転車は調子が悪いらしく、その自転車を新品に交換した。これは会社が出してくれた。またそのお姉さんとランチに行ったがこれは自腹だった。それで一件落着。
 
つくばで2度目の交通事故
二つ目は、最初の事故からまだそれほど間がない時に「つくば」で起こった。当時の筑波あたりは一般道でも高速道路のようにスピードを出してしまう「つくば病」という現象があると聞いていた。
 
みんな下の道でも車は飛ばしているのだ。見晴らしの良い直線が多く交通量が少ないのが原因のようだった。
 
その事故のときは、やはり見通しの良い、一般道の直線を走っていた。特にスピードを出し過ぎていたわけでない。
 
その時は上司と仕事の話をしていたが、いきなり、脇の農道から軽トラのおばさんが飛び出してきた。
 
間一髪のところで接触を避けたが、こちらの営業車は、そのまま歩道の縁石に乗り上げてしまった。

f:id:ichigo2015:20160120012350g:plain

カリブは、縁石についていたバーをへし曲げて止まった。
 
誰もそこを歩いていなくて本当に良かった。田んぼの真ん中みたいみたいなところで普段も人が歩いているような場所ではなかったけどね。
 
2回連続の営業車での事故だったけど、その時の自分は十分に落ち着いていた。とにかくその軽トラのおばさんをつかまえて、警察とJAFが来るのを待った。
 
結局は自損事故だった。でも、当事者として相手がいるので、事後処理は保険屋さんがうまくサバイテくれたらしい。
 
社長に運転適性を疑われるも、その後社へ業績アップに貢献
その時、社長からは自分の運転の適性をかなり疑われてしまった。まあ、2回続けてだったので仕方がない。でも、同乗していた上司が証言してくれて、何とかなったけどね。
 
懐かしい話だ、その頃の僕はその業界では駆け出しだった。会社も小さかったが、それから自分が営業の主軸となって会社も成長した。
 
ヒラ営業だった筑波のルートセールスから、その後に担当した海外製品の代理店ビジネスや、自社製品の販売のみならず、製品開発に関われた経験は貴重な体験だった。
 
そんなことを思い出した今日の、つくば出張でした。
 

f:id:ichigo2015:20160120005318j:plain

  車で、筑波通いをしていた頃、時間のある天気の良い日は筑波山まで何度か出かけました。筑波神社では、ガマの油ってほんとに売っていたなぁ