読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

日々の出来事を起業と神秘世界にまつわる事をテーマとしてブログに残します。

「伊勢へ七たび 熊野へ三たび 愛宕まいりは月まいり」、、、で会社からわりと近い愛宕神社へ今年二度目の初詣へ

またまた神社詣でである。「一期一会の神社参り日記」を別に立ち上げたほうが良いかもしれない。
 
正月2日に初詣に行ったがあまりの参拝客の多さにその日のお参りをあきらめた東京の愛宕神社へ立ち寄った。
お参りして、お札をいただき、朱印長に朱印を押してもらった。
f:id:ichigo2015:20160128200643j:image
この日は自分のほかにも朱印を求めて社務所に来た人が三組あった。「朱印帳」静かなブームなのかもしれない。
 
境内にある桜田烈士の石碑
f:id:ichigo2015:20160128200349j:image
桜田門外の変大老井伊直弼を襲った浪士たちが待ち合わせをした場所だったそうだ。
 

f:id:ichigo2015:20160128200320j:image
起倒流柔術碑、江戸時代の柔術の流派についてつたえる石碑。今の柔道のもとになった流派の一つでもある。たしか石碑には創始者が長崎で中国の拳法を学んだなど、興味深い記述があるという。日本武道にとっても大変貴重な文献でもある。説明書きを添えて参拝者へ紹介するべきだと思う。上に紹介した神社のウェブサイトにも何も出ていないようなので残念だ。
 
この他、この場所では太平洋戦争の終わりに降伏に反対する集団が立てこもり、手榴弾で爆死などした事件もあった。

憂国の烈士

 
平九郎という武士が参道の石段を馬で駆け上り手刀でたたき折ったという伝説の梅の木

愛宕神社トリビア | 愛宕神社

に花が咲いていた。

f:id:ichigo2015:20160128200235j:image

東京二十三区内で最高の標高のこの場所は、幕末の有名な西郷隆盛勝海舟会談に加えて、上に触れたような逸話の多いところだ。
 
 
麻布十番でCrisp Salad Worksのグレイン入りサラダを夕食にいただいた。
f:id:ichigo2015:20160128200724j:image