読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

日々の出来事を起業と神秘世界にまつわる事をテーマとしてブログに残します。

三度(みたび)の関西出張は、近江八幡のヴォーリズゆかりの施設。近江商人は、三方が得をするビジネスを目指す!? 2016.2.10

近江八幡へ出張した。仕事場は、あの近江兄弟社ゆかりの施設。

その施設までのOn the wayにある日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)に、例の如く立ち寄って参拝する。
f:id:ichigo2015:20160210213126j:image
手前の拝殿。ここでお詣りしたが、奥にさらに社殿があった。
f:id:ichigo2015:20160210214158j:image



f:id:ichigo2015:20160210220520j:image



f:id:ichigo2015:20160210220559j:image


f:id:ichigo2015:20160210220634j:image

朱印帳に印をお願いする。
f:id:ichigo2015:20160210220905j:image

余り時間がないので参道沿いにあった「たねや」で急いで食事をとる。ここは古い日本家屋のいろり端で食事が出来る趣のあるお店だった。次回はゆっくりと近江牛の定食でも食べたいものである。

タクシーの運転手さんに近江商人について聞いてみた。すると、こんなことを教えてくれた。

大阪の商人は、損して得取れなどと言いますが、近江では三方が得をするのが良い商売だそうだ。三方とは、売り手、買い手、そしてその周りの人だって。

おー。ビジネスの当事者のみならず、その周りの地域とか社会も、その恩恵を受けると云うことであろうか。ならば、ずっと昔から凄い発想を持った商人の文化ですな。

今は、その後京都へ移動して三条河原町のホテルでこれを書いている。

f:id:ichigo2015:20160210224046j:image
f:id:ichigo2015:20160210224010j:image
f:id:ichigo2015:20160210222519j:image
↑宿の近くで見つけた。