読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

日々の出来事を起業と神秘世界にまつわる事をテーマとしてブログに残します。

閏日、英国では、女性から男性へのプロポーズが伝統的に公認され、男性はそれを断ることはできないとされていた!? と、千日参りのお昼の散歩 2016.2.29

今日は四年に一度の閏日でしたね(もう23時を過ぎたので、、、)。
イギリスではこんな日だったそうです。

閏日とプロポーズ

かつてイギリスでは、4年間のうちでこの日にだけ女性から男性へのプロポーズ伝統的に公認され、男性はそれを断ることはできないとされていた。

 下のブログにその事が詳しく出ていました。

magazine.gow.asia

ヨーロッパって凄い日があるのですね。日本の商業バレンタインデーってこれを参考にしたのかな?
 
 
さて、起業日記ならぬ、お散歩日記。今日は、千日参りの愛宕神社に行ったついでに、お隣の青松寺の写真を撮りました。
 
下は山門横の表示板。これを見て、斉藤一人さんを思い出しました。

f:id:ichigo2015:20160229201202j:image

 
緑に青字の額が印象的です。
f:id:ichigo2015:20160229201242j:image
趣のある都心の禅寺です。
 
 

愛宕神社の白ネコさんは、今日も段ボールの中で丸くなって、おやすみでした。今日は日中も寒かったからねー。
f:id:ichigo2015:20160229222536j:image

 

今日は東京タワーを抜けて帰りました。今日は閏日なのでいつもと違ったことをやってみた。
f:id:ichigo2015:20160229222445j:image

 
下は、愛宕神社の境内の池にある弁財天社。いつもはこちらの祠にはお参りをしておりませんでしたが、今日は何故か気にとまってお参りしました。
f:id:ichigo2015:20160229222613j:image
 
そしたら、その後の帰り道、東京タワーのすぐ脇の丘で弁財天を見つけた。やっぱりツイています。←このブログを書いたとき何故かここを弁財天だと思っていましたが、ここは観音様でした。「如意輪観音」だそうです。祠の横に名前の書かれた表札が立てかけられていました。
f:id:ichigo2015:20160229222637j:image
 
冬場でも緑に囲まれ、良い「気」を感じましたよ。
f:id:ichigo2015:20160229222658j:image
キレイなお花が供えられてました。東京タワーのすぐ隣にこういう場所があるのがいいなー。
タワー下のクレープ屋さんに向かって左側の丘にあります。芝公園、東京タワーへ散歩にゆく方は見つけてください。←上に追加したように如意輪観音」です
 
そういえば、今日は立ち寄っていないけれども、もっと大きな弁財天の社が下の道路の反対側(プリンスホテル側)にもあったような気がします。そこと関わりがあるのかな。
 
多分これですね↓ こちらは弁財天とありますが、祀られているは閻魔大王!とのことです。