読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

日々の出来事を起業と神秘世界にまつわる事をテーマとしてブログに残します。

OMNI催眠トレーニング in Deland Floridaなかび四日目

今日が一週間の催眠療法講習会の中日ですよ。
 
時差ぼけは午後にきつくなりますね~ほんとに眠い!でっす。でもだんだん良くなってきています!
 
時差ぼけに関してのサイトはこんなのがあります:

f:id:ichigo2015:20160928112558p:plain

時差ボケの謎。アメリカ方面とヨーロッパ方面の違い。

http://takashi1016.com/jet-lag-14487

アメリカは時差ぼけになりやすいのですよね。ひざの裏にも日光を当ててみます。

 

さあ、一週間の集中講座の半分が終わると、もうあと三日か~って感じもします。

f:id:ichigo2015:20160928113500p:plain

              嘗ての講習会の記念写真
 
ビジネスのための特別講義 

今日は通常講義の後に特別講義があり今部屋に戻ってきました~

特別講義はメルセデスベンツのブラジル支社で辣腕ビジネスマンだった現主催者のHansruedi Wipf氏のプレゼンでした。開業に当たっての14の心得としてSWOT分析やSMART Modelのゴール設定の話がありました。

これらの内容はわたくしにとっては、これまでの企業勤めや生涯学習でよくした話でしたが、ここの参加者はこういう事はあまり知らないようでした。

 
中国での催眠療法ビジネスの成功
この講義とは別に、印象的だったのが中国からの参加者(北京の双子?の兄弟)の話です。彼らは既にOmniのインストラクターを取得していて中国でセッションだけでなく養成講習会も開いているそうですが、一回のセミナーで70名以上の参加者があるそうです。
 
ちなみに一人40万円位する養成セミナーですのでかなりの金額(日本円で三千万近く)になりますよ。
 
この二人の話では、Low of Attraction(そう!引き寄せの法則でっす!)の考え方でビジネスをして成功を収めているそうです。
 
この仕事を始めた頃はセッションの料金を安く抑えていたそうですが、ある時から思い切って倍にしたらクライアントが増えて、さらに倍にしたらもっとクライアントが増えたのだって。
 
中国の他の催眠療法は効果のないところしかないそうです。それで、自分のサービスにそれだけの価値があることを信じることが出来れば料金は高いほど成功する。値段が安いのは自信がないからだと。
 
そして、彼らからのアドバイスは、お金のためではなく、自分がエキサイティングなビジネスを楽しむことを最優先すると必ず成功するって事でした。
 
これは今の中国でのメンタル系のビジネスの可能性があるという事だけでなく、なによりも起業家のビジネスに対してのマインドの持ち方が重要であるという事だと思う。
 
彼らにもっと詳しく話を聞いてみよう。
 
不在の時に起こった事件、出来事
ところで、ちょっと変な話ですが、わたくしが日本を離れているときに、何か日本で大きな出来事や事件が起こる事が良くあります。
 
大きな出来事しては、割と最近では2011年の東北の震災(翌日に成田に到着)、ちょっと前では地下鉄サリン事件、古いところでは昭和天皇崩御、、、
 
こまかく思い出すと、何人かの死者を出して一晩に渡って報道された九州のバスジャック事件とかもありました。西鉄バスジャック事件 - Wikipedia
 
日本にいない時に海外で事件について知るから驚きが大きくなって、強く記憶に残るものなのかもしれません。
 
US presidential election
こちら米国では大統領選でヒラリークリントンとトンランプが昨晩、最初のディベートをしていました~。昨晩は夜遅い時間に食事に行って戻ってきてからさっさと寝たのでそれをリアルタイムでは見ておりませんが、、

www.cnn.com

 
日本では以下のようなサイトがありますね:
ヒラリークリントン
トランプ氏は核兵器の使用を示唆している。日本や韓国、サウジアラビアも核保有していいとまで言っている。 そのような核兵器の姿勢は懸念すべき。 ツイートで挑発されるような人が、核ボタンの近くに行ってはいけない。
 

へ~、、、トランプ氏、、、ぶっ飛んでいるようですが、なかなか面白い事を言う方ですね~ 一人の大統領にそこまでさせる力があるのだったらすごいな~。

 
ここ現地で、トランプ候補の選挙コマーシャルを何度か見ましたが、それだけを見るとまともな感じがしますね。誰かが言うように第二次大戦の戦後体制を完全に終わらせるためにはこの方が大統領になるのもありなのかね。